ダイエット方法と脚痩せ術は全く異なる

注目のキャビテーションは痩身を作り上げる画期的な方法としてその地位を確立しています。
その有効性は科学的にも実証されており、施術前と施術後では大きな身体の変化を実感することが出来るでしょう。 健康的で効果的なダイエットを実現させるためにはカロリーを抑え、さらに運動でカロリーを消費し、全体を調節しながら減量しなければいけません。
しかし脚痩せの方法に関しましては別角度からのアプローチが大切となってくるのです。
なかなか思うような脚痩せを実現することが出来ない人も毎日かなりの努力をして脚痩せをしていても多くいることでしょう。
足が痩せにくいのには理由があり、ダイエットをして体は痩せたのに足が痩せないという人も多いのです。

 

ダイエット方法を兼用出来ないということを脚痩せと体重減少のダイエットは決して同じというものではないとご理解ください。
脂肪が原因の場合は脂肪太り用の脚痩せ方法を行なっていかなければいけなく、むくみが原因の場合にはむくみ用の脚痩せ方法を続ける必要があります。



ダイエット方法と脚痩せ術は全く異なるブログ:21-1-23

ダイエットしているにもかかわらず、
食後のデザートがやめられなかったり、
21時になったら、
ついついお菓子に手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

あたし自身、
21時、テレビを見ながら、
お菓子をつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかく体操を頑張ったり、食事制限に苦労していても、
日々のようにお菓子を食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
ダイエットなんて成功しませんよね?

そこで、あたしは、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

身体は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のお菓子」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

11時食の後のデザートも、
チーズケーキやアイスなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
みなさん、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、板チョコが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
身体に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。

このページの先頭へ戻る