足痩せは足の状態で実践方法は違う

女性なら誰でも痩身を理想としているでしょうが、なかなかそれを実現させることは難しいものです。
そこでオススメをしたいのがキャビテーションであり、スラっとした美しい痩身を実現させることが出来るのです。 足の脂肪を指先でつまむことが出来てしまっている時には、脂肪が多い傾向にあるために足が太く見えてしまうのです。
また脂肪が蓄積されてしまい足が太く見えているのでしたら、膝の皿の部分がぱっと見でわかりにっくくなっている可能性があるのです。
冷え性体質、さらには塩分を好んで多く摂取してしまったり、血流が悪化したりすることで足にむくみを発生させてしまう原因となります。
足痩せの方法も異なってくるもので、女性の約70%は水太りの効果で足が太く見えていると言われているのです。

 

足の状態によって採るべき方法は足痩せをしたい場合には大きく異なっているのです。
まずは自分の状態を確認することが大切で、足痩せの最短方法がむくみの緩和か、それとも脂肪やセルライトの対策なのかなどを把握しましょう。



足痩せは足の状態で実践方法は違うブログ:16-1-23

減量中は、
規則正しくご飯をするということが、基本中の基本です。

特に朝方食をしっかりと食べるということが、大切です。

朝方食を抜いてしまうと、
むしろ減量には逆効果につながってしまう恐れがありますので、
注意しましょう!

それは、あたくしたちの血糖に大きく関係をしています。

ご飯を食べない状態が続くと、
あたくしたちのからだは低血糖が続く状態になります。

朝方食を食べないということは、
睡眠時間もプラスすると、
半日はざらに食べない状態が続くことも十分に考えられますよね。

すると、あたくしたちのからだは
血糖を正常な値に戻そうという努力をします。

その一環として、
コルチゾールというホルモンを分泌するのです。

コルチゾールというホルモンは、
筋肉を分解することによって、糖質を作り出す働きがあります。
この糖質を活用することで、血糖をリカバーしようとするわけです。

筋肉というのは、
減量する上で欠かすことはできません。
筋肉が消費カロリーの大部分を占めているからです。

コルチゾールによって筋肉が分解されるということは、
筋肉の量が減少してしまうことを意味します。

ということは、再び代謝の力がダウンをし、
せっかく減量をして増やしてきた筋肉を
元にもどしてしまうわけです。

だから、減量にとって
朝方食は大切なんです!!

もし朝方一でご飯をすることが難しいという人は、
午前中、仕事が一段楽したときにでも、
すぐに食べられるものを用意しておきましょう。

午前中にご飯をすれば、
コルチゾールの分泌量を少なくすることができるからです。


このページの先頭へ戻る